Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://hyperf.blog84.fc2.com/tb.php/112-58fab7cf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4.47day/song

http://mlcr.blog.shinobi.jp/Entry/68/
milkyway cruisin' の記事より。
記事が書かれた8/17を1/1からカウントすると228日間。それを中田ヤスタカが書いた曲数51曲で割ると、4.47day/song となります。ポップスを舞台にしたラップトップミュージシャンといえども、素人目でもこれはかなりの多作家であると思われます。インタビューでは、「そのあとのレコーディングにもよるけれど、一曲に対して二、三時間。パッとできないものはいくらやってもいい曲にならない、モチベーションが上がったまま完成した曲じゃないと聞いてる人もわかってしまう。煮詰まって作ったなと。」と語っていることからもスタイルとしての多作はこれからも続くでしょうね。

彼の遍歴をcapsule中心に見るとハイカラガールの頃のテクノ歌謡路線、そのあとのウサギちゃん周辺とのフィーチャリングも多くこなしていたいわゆる小西フォロワー期、そして今のテクノ・ハウス路線、それぞれに特徴があります。
今年の作曲仕事を見ると井上麻里奈『ビューティフルストーリー』嘉陽愛子『cosmic cosmetics』そしてcapsule『Sugarless GiRL』と聞いているほうとしては書き分けているようにも思えます。
しかし、エイプリルフール・はっぴいえんど的なカントリー/フォーク/ロックからYMO的アイドル歌謡テクノポップまでの遍歴を使って、中田ヤスタカよりもっと幅の広い引き出しから時節関係なくそれぞれに書き分けて曲を提供した細野晴臣のように、その引き出しの中からそれぞれに合った音を提供できるかどうかがこれからの彼にとっては重要なんじゃないかなと思います。

▼主な細野晴臣提供曲
スターボー『ハートブレイク太陽族』

戸川純『玉姫様』

イモ欽トリオ『ハイスクール・ララバイ』

松田聖子『天国のキッス』


▼関連記事
フューチャーポップへ進化するcapsule
http://allabout.co.jp/entertainment/technopop/closeup/CU20060724A/
スポンサーサイト
http://hyperf.blog84.fc2.com/tb.php/112-58fab7cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

芸能証券

プロフィール

書いてるの:キド
ここは、木村カエラと掟ポルシェと宇多丸とミドリとBase Ball Bear小出と凛として時雨ピエール中野とダイノジ大谷と田上よしえとSPECIAL OTHERSと下井草秀と菊地成孔と亀田誠治と松本亀吉と大谷能生と佐々木敦と辛酸なめ子とプロレスラー佐藤光留と久保ミツロウと羽生生純とばらスィーと東村アキコと深町秋生とYoutubeとスペイン人とニコニコ動画とアイマスMADとAC公共広告機構とセガトイズとマンガ喫茶自遊空間と任天堂伝説のスタフィーとパッパラー河合と桃井はる子と中田ヤスタカと木の子とサブカルとアイオタと最古参と古々参と古参と新古参と新参と新新参とシェルターとニーツオルグネットラジオと彼女ら自身の実力と魅力のおかげで売れた、Perfumeのファンサイトです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。